FC2ブログ
TOPちゃむ ≫ ちゃむのトイレトレーニング

ちゃむのトイレトレーニング

「拍手」ポチをしてくださった方、来てくださった方、ありがとうございます
よくわからないままブログを始めてしまいましたので、失礼なことがあったらすみません。

散らかりまくった文章なのに読んでくださって、ポチしてくださって嬉しくて
どこでどうやってお礼を言ったらいいのかわからず、こちらにて失礼します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ちゃむのことで本当に苦労したのが、トイレトレーニング。

うちに来た当日は、上手にトイレトレーでできてたんです。
ところが、その次の日から2日間、私たちの引っ越しの為実家で預かってもらって、うちに戻ってきたら、、、
全くできなくなっていたのです
サークルの中全ておトイレですか?って勢いで。
ベッドでもするし、その上で寝るし。
うんPは踏んでぐちゃぐちゃ。
掃除&洗濯&ちゃむの体についたうんP取りに追われる日々

サークルから出すとどこでも粗相をかまし、床拭きの毎日

怒っても、無視しても、誘導しても、全く効果なし。

動物病院で1日預かりをお願いしたら、お迎えに行った時に獣医さんに「犬はうんこまみれになるからかなわん」と言われた
ちゃむは体中にカピカピになったうんPを纏って帰ってきた…
悔しくて、悲しくて、可哀想で、涙が出た。

正直、育犬ノイローゼだったんじゃないか、と思うくらい、私にとってもちゃむにとっても辛い日々でした。
いけないことだけど、ちゃむに向かって大声でどなり散らしたこともありました。

おやつで釣って、少しずつ少しずつ。
本当に先が見えない感じだったけど、ちゃんと出口のあるトンネルでした。

フリーにしててもサークルのトイレトレーでできるようになったのです
感動の嵐でした!



が、またしてもトンネルに突入です。

毎回毎回トレーの端にするように
本犬はちゃんとしてるつもりなんですよね。
だから怒るに怒れない。
でもこのままだと絶対に良くない。

デカプーに成長しつつあるちゃむの身体に対して、レギュラーサイズのトイレトレーは無理がある、と判断。
でも旦那はそれを認めない。認めたくないみたいで。
なぜなら、サークルが90×60サイズなのでレギュラーサイズのトレーとベッドしか置けないのです。
認めてしまうと、サークルの買い替えを検討せねばならず。それが嫌だったみたいです。

新しいサークルは私が支払う、私が組み立てる、と説得に説得を重ね。
ちゃむの新しいサークル
広々です~
このサークル、トイレエリアと居住エリアに境があるので区別がつきやすい
トイレエリアにはトレーは置かずそのままレギュラーサイズのシートを2枚敷いて広々使用。(下に滑り止めマット敷いてます)

悩みは解消~
2度目のトンネル、抜けた~
その後しばらくは平和な日々を過ごしておりました。



のに、3度目のトンネルがなんの前触れもなくやってきたのです。

それは2歳の夏。

トイレ完璧のちゃむが、畳の上のマットで粗相。
何度もトイレに行こうとするも入らず、すぐ踵を返して、マットで床で、ありとあらゆるところで粗相。
なかなかトイレに行かないな、と様子を見てたら、私の目の前で粗相。
私の目をじっと見て粗相。
トイレに誘導してもすぐ出てきて粗相。

なんだなんだ、何がどうなったー!?

最初こそ怒っていたけど、だんだんと不安になってくる、もしかして病気か?…
粗相以外に異常はないけど。
申し訳なさそうに私の側で粗相を繰りかえすちゃむを見てると、何かがおかしい、粗相したくてしてるんじゃない、ということだけはわかる。
ストラバイト結石・・・か?
phのわかるトイレシーツを購入して、写真も撮って事細かに観察。
見事に正常。

何がどうなってるのかわからないまま、1か月近くそんな状態が続き。(たまにトイレで出来る時もあり)
「ただの我儘だ、お前がなんとしろ」と言う旦那を無視し、いよいよ獣医さんにかかろう、と決心をした時。

ふと、もしかしてもしかするけど、まさかとは思うけど、コレが原因か?
と思い当たる事柄が。
旦那は今現在でも完全否定してますが。
1日中ちゃむのこと監視、いやもとい、観察してる私だからこそ!と
サークルの前の扇風機(夏が始まる前に旦那がちゃむのためによかれと設置した扇風機)を移動させたところ、

あらまあ、なんということでしょう~

それ以降、トイレの失敗なくなりました
ちゃむのために角度まで真剣に考えて設置した旦那の気持ちを考えると否定したい気持ちもわからんでもないけど。

扇風機で揺れるトイレシートの端っこが怖かったみたい…
って!ちゃむさん、あなた、どんだけビビリなのよ~

これで3度目のトンネルも抜けました



今は、たまに体をくの字に曲げておしっこするので、その時は前足にガンガンにかかってしまう、というミス。
この状態に私が気付かず、ちゃむちゃんが部屋中を歩き回った時は悲劇です。
あと、落としきれなかった小さなうんPさんが、後に床にぽてっと落ちたことを私が気付かずに踏んでしまうという悲劇も。
ま~どちらにしてもかわいいもんです



あ、そう言えば、ちゃむちゃん、仔犬の頃からうんPの時、必ず右手を浮かしておまたの間に向けて前後に動かします。
なんていうか、こう、気張ってる、みたいな
飼い主としてはその姿はとても可愛らしく愛おしいものなのですが、これは個性なのか、どっかに異常があるのか、ナゾなんですよね・・・


Comments (1) Trackbacks (-) | ちゃむ

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年01月16日(Fri) 15:26












非公開コメントにする