FC2ブログ
TOPちゃむ ≫ ちゃむとの出会い

ちゃむとの出会い

ちゃむと出会う前からの続きです


いつものように癒されようとペットショップを覗いた時
とても濃い色をしたブラウンのトイプードルがそこにはいたのです。
プードルにブラウンがいることも知らないくらいプードルに興味を持ったことのない私が、他のワンコに目が行かないくらいそのワンコに引き寄せられました。
ショップのおねえさんが「抱っこしてみます?」と声かけてくれたのでお願いしたら

ぺろぺろぺろぺろぺろ

ず~っと大人しく私の手の中で私の手を舐め続けるのです。

そんなのされたら胸きゅん止まりません

別のお店にいた旦那を呼び寄せて、情が移るから嫌だと言う言葉を押し切って強制的に抱っこさせました。

はい!情移ったーー!!

この時期、本当に辛い状況だったので、誰も私に優しかったんですよね…いや~本当にこの時期だけ
それも運命だったのかも!?

7年間アパート暮らしだったけど、数日後に旦那の実家で同居となるので義家族に連絡
私の実家も同じ市内にあるので、何かと頼るかもしれないと思い連絡
結果、共にしぶしぶだったけど、その時の私に同情してくれてたのでワンコ飼うことへの許可がおりた!

全て偶然というか運命というか。
・この時期だけ周りが優しいという状況
・アパートから一軒家への引っ越し
・なにより他の仔が目に入らないくらいの仔犬との出会い


それでも一旦冷静になろう、と店を出て車に乗り込む。
そもそも二人でギリギリの生活してるのに、お金はなんとかなるのか
犬のいる生活ができるのかどうか
など話し合い。
結論は「なんとかなるのでは」という。
慎重派の二人がそう結論出すほどの魅力をその仔犬は持っていたのです。


すぐにお店に戻り、意志を伝え。

ワンコを飼うことの説明をしっかり受け。

ワンコの保険 アニコムに加入し
サークル等のスターターセットを購入し
普段の手入れに必要な物・おもちゃ・トイレシーツ・フードを購入し

最後のお会計で目が飛び出る
こんな金額を衝動的に購入してしまうことは今後絶対ないと思われます。



さて、そこから家まで車で3時間の移動です。
たくさんの荷物を詰め込んでぎゅうぎゅう。
この仔犬ちゃんは酔うことなく無事に家に辿り着けるのか…不安いっぱい

・・・
ぐっすりオヤスミされておられました

車内ではず~っとワンコの名前の相談。
フランス原産→ナポレオン→レオン
ほぼこれに決まりかけてたのですが、どう見ても名前負けしそうな…ゴホッゴホッ
決まらず。


「あと30分でお家に着くよ~」と仔犬ちゃんを見た時、

気付いてしまったのです

「あれ?この仔、なんだか大きくない??」

そう!トイプードルに興味がないという前振りはここに繋がるんですねー。一般的なサイズを知らなかったのです。

あと、出会った時のビビビ感が強すぎて大きさに気付かなかった!


家に着いた時は夜遅かったので、あかんこととは思いつつ、とりあえずアパートで朝を迎えました。
ちゃむ うちに来た頃
移動で疲れたのかとってもぐっすり~夜泣きもなかった。


引っ越しが翌々日だったので、それまで私の実家で預かってもらいました。

この時点でまだ名前決まってません
Comments (0) Trackbacks (-) | ちゃむ

Comment













非公開コメントにする