FC2ブログ
TOP避妊手術 ≫ いちごの避妊手術後

いちごの避妊手術後

3月31日 手術当日
いちごを預けてからお迎えまでのお話です。


帰宅してちゃむにご飯をあげた後、
普段しないところを掃除したり、いちごのサークルのベッドを洗濯済のキレイなものに換えたり、
皆さんのブログにお邪魔したりしてました。
夕方6時のお迎えまで先生から電話がかかってきませんように、と祈りつつ、
万が一かかってきたらいち早くいちごの元にかけつけたいのでスマホに神経向けつつ、何度も何度もスマホを確認。
その間もドキドキが止まらないし、手汗が凄かった。
先生に、大丈夫ですか?と電話したくてたまらなかった。

いよいよお迎えの時間が迫ってきたので家を出なきゃ、というところで妙な緊張でお腹痛くなる・・・
お手洗いに駆け込んでる時間が勿体ない!
そのまま病院へ向かいました。
え?私のおトイレ事情は聞きたくなかったっすかw

旦那は仕事なのでお迎えは私一人です。

病院で順番来たらすぐに先生がいちごを連れてきてくれました。
診察台の上に一旦乗せられたいちごちゃん、
「おかぁちゃん!!!!抱っこ!!だっこーーー!!!」と立ち上がりました
そこでビックリしたのが、いちごの傷跡がまるみえ~だったこと
術後服やカラーなどは特に用意しません、とは先生から聞いていましたが、衝撃過ぎて抱っこできず。
いちごが抱っこ~って甘えてくる時は私がいちごのお腹に片手を差し込み、いちごが私の腕にしがみついて、持ち上げる、というスタイルなので、それで抱っこしたら傷口直撃です
思わず先生に「え!?ぐるぐるも無しですか!?」とジェスチャー付きで聞いてしまいました
ええ歳して「ぐるぐる」って・・・(-.-)『包帯』という言葉が出てこないくらい衝撃でした。
先生も「はい、ぐるぐるも無しです」と冷静に答えられました(笑)

先生「手術は成功で、卵巣も子宮も全て摘出できました」と、小さな小さな卵巣と子宮を見せてもらいました。
いちごの体にあるはずのものがココにある・・・
結局本当に卵巣異常かどうかわからなかったのですが(手術費用も保険適応外でした)、異常なら病気になる確率が上がるので取らないといけないものですが、なんだか胸がキューーーーとなりました。

傷口は4~5センチでぼこぼこしています。
予想より大きな傷でした・・・
で、ぼこぼこなのがとても気になります。ポンデリングみたいな感じ
皆さんのわんちゃんの傷跡って、ぼこぼこしてました?
そんな子見たことないんですけども・・・どうなのかな?

抗生物質は1週間前の受診時に2週間効く注射を打ってもらってるので必要ないそうです。
その他、痛み止めのお薬、無しマジか・・・

頼んでいたマイクロチップもしていただきました。
肩甲骨辺りに血が付いていました。
小さな子からしたらかなり太い針で刺さないといけないので麻酔してる時じゃないと出来ないそうです。(大型犬は麻酔なしでも大丈夫なんだそう)

歯石取りについては
先生「歯石ほとんどついていませんでした。歯磨き上手にできてると思います」と言って頂きました。
で、肝心の少しだけついてる歯石はどうなったのか?取ってもらえたのか?
聞き忘れた上に、いちごがぐったりなので未だ確認できておりません^^;

先生「麻酔が完全に切れるのは明日になってから。それまでは歩いたり立ち上がるとフラフラしてこけることがあるので気を付けて。ご飯は欲しがってたら通常より量を減らしてあげて。ご飯の前に、まずはお水をあげて。お水はがぶ飲みはダメです。寒さが体によくないので暖かくしてあげて」と。
私の頭パンパンになりました。覚えなきゃ覚えなきゃ…
2日後の診察を指示されて病院を後にしました。

車内でのいちご
手術後 1
お迎え時の立ち上がるほどの元気はもうありません。
ぐったりです。

帰宅
手術後 2
マシュマロバッグから出ようともしません。

お水をまずあげなきゃ、と思い用意するも
手術後 3
一滴も飲みません。

とりあえず術後服を着せてあげないと!寒さ的にも傷的にも。
と思うもバッグから出すのにも一苦労。
立ってられないみたいでふにゃふにゃ・・・
時間かかりましたがなんとか着せました。
手術後 4

すぐバッグに戻るいちご
手術後 5

このままでもいいかと思ったけど、やっぱりふかふかな清潔なベッドへ移動させました
手術後 6

手術後 7
身動き一つ取りません。

手術後 8
寒いといけないのでブランケットかけて。

この間、ちゃむはサークルで待機です。
暴れて何が起こるかわからないので。
サークルの中で鳴いて暴れていましたが・・・(-.-)
Comments (4) Trackbacks (-) | 避妊手術

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016年04月02日(Sat) 21:12
鍵コメAさんへ♪
編集
Aさんもやっぱり預けておられる間は落ち着かれなかったのですね(>_<)
できれば病院にずっと居たいような、でもそれも落ち着かないような、そんな気持ちでした(>_<)

成功のお電話をいただけるのって安心しますね(*^_^*)
会えるまで待ち遠しいですけど♪
うちは逆だったのでドキドキの時間が長くって疲れました(笑)(受付・診察・会計・お薬全部先生お一人でされてるので電話ないのは仕方ないと納得してはいますが^^;)

傷口に関して、大きさと言い形状と言い同じのようで、いちごの傷が異常じゃないんだと知れてホッとしました(*^_^*)
教えていただいてありがとうございます(*^_^*)
旦那と「傷口こんなひどいものなの!?」と不安になりパソコンで検索して画像を見てみましたがどれもぼこぼこしてなくて、フラットで・・・
「こんなのでいちごの傷口くっつくのか??」と更に不安になってました(>_<)
手術から2日目の診察で先生から「この子は10日では抜糸できない」と言われて、話が違う!と謎だったのですが、Aさんから教えていただいてようやく理解できました!!脂肪が少ないからなんですね!
先生+Aさんの説明を受けないと理解できません~^^;

マイクロチップ、実は若干の後悔があります。
旦那さんの言われるお気持ちがよくわかりました。
ちゃむはうちに来る前にすでに埋められていて、今でもどこに入っているのかわからないのですが、
いちごは肩甲骨の上に、肩甲骨に対してクロスする形で入っちゃっていて、中で折れそうな怖い位置にあるんです…
先生に聞きましたが、「あなたは心配性すぎますね」と言われちゃいました(-.-)
小さい体にとっては結構大きく感じました、異物!だと思いました。

1泊入院、いろんな考え方がありますよね。
やっぱりこうなったら不安なので1泊させてもらいたいな、と思いましたが
先生は「犬にとったら飼い主の側が一番安心なので、入院させるより当日帰った方がストレスなく過ごせる」と言われました。
う~~~ん、どっちもどっち。
先生がうちに泊まってくれるか、私が病院に泊まるかしたかったです(笑)

いちごにお優しいお言葉ありがとうございます(#^.^#)
2016年04月03日(Sun) 23:34
No title
編集
こんにちは!
遡って読ませてくださいね。。

傷口が4~5センチもあるのに
グルグル無しなんですね。。
うちは?と思い過去日記見てみたら
(すっかり忘れているw)
1.5~2センチでした

日帰りだったので状態はいちごちゃんと同じでした
もうぐったり。。。
「手術して本当に良かったの?」と
しばらくは思っていました

痛み止めのお薬。。。無し??
大丈夫?いちごちゃん。。。。
おばちゃん心配よ(×_×;)
2016年04月09日(Sat) 15:36
ココモコママさんへ♪
編集
こんばんは(^^)
遡って読んでくださってありがとうございます(*^_^*)

そうなんです!結構大きな傷口なのにぐるぐる(笑)も痛み止めも無しだったんです(>_<)
ヒョエー!でした^^;
私、ココちゃんモコちゃんのしっかり覚えてますよ~♪
ココちゃんモコちゃんまだ小さいのに手術出来て、しかも傷がとっても小さくて、ココちゃんモコちゃんの先生は凄い人だなぁ☆って思いましたもの(*^_^*)
でも傷口の大小に関わらず、麻酔してるしお腹は痛いし、グッタリですよね(T_T)
2016年04月11日(Mon) 00:20












非公開コメントにする