TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年02月
ARCHIVE ≫ 2015年02月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2015年02月  | 翌月 ≫

いちご 3回目ワクチン接種

2月23日に いちごの3回目のワクチン接種に行ってきました

ちゃむも訳あって一緒に行きました


いつものA動物病院

まずはいちごから、と先生の指示で。
いちごちゃん、すでに動物病院は「怖い所」とインプットされたみたいで
診察台に乗ると先生から後ずさりして危うく落ちそうに
今回もブスッとされた瞬間だけ「キャイン!」
気の強い感じの鳴き方なので笑える←笑ってていいのかな

ちなみにA動物病院、先生のみでされているのでわが仔の保定はど素人の飼い主自らしなければいけません、結構キ・ケ・ン

1週間はシャンプー禁止

2週間後にお散歩解禁♪
その日が来るのが楽しみだったり不安だったり

いちごちゃん、帰宅後は安静にしなきゃいけないのに、いつも以上にハイパワーで大暴れかましてました
ワクチン接種後から1日半、ずっとそばにいて様子見てましたが特に変化なく、一安心。

ちゃむの時もだけども、ワクチン接種した後何か起こったらどうしようという不安があって気が気じゃないのでいつも以上にストーカーしてしまいます




この日はちゃむも診察台へ

前々日の夜にちゃむのお腹部分(右下の肋骨辺り)に1ミリくらいの小さなホクロを見つけました
ゴロンして「お腹なでて♪」って甘えてきてる時です。
初めは「乳首かな?」って思ったんですけど、(オスの乳首はホクロみたいなんです)
いやいやいやいや肋骨やで!?乳首あるか?てかあったら今までに気付いてるわな!
そもそも左側にはどんなに探してもない
サーーーーッと血の気が引く音が聞こえてきそうでした。
すぐネットで犬のホクロについて調べてみたら悪性の場合が多いみたいで。
ちゃむを抱きしめながら泣きました
私は弱い飼い主なので、ちゃむやいちごの身に何かあったらと思うといつもすぐに泣いてしまいます
でも、ちゃむは約束してくれてるから、私より早く逝かないって。(一般的に無理がある年数だとしても出来る限り長生きしてほしいから)

日曜を挟んで月曜日、いちごのワクチン接種もあったし旦那も休みだったので一緒に連れて行きました。

先生がパッと見た診察の結果

「何がどう原因かわからないけど、悪性ではないよ」と

いやもう足から力抜けるかと思いました、良かった――――――――

「悪性だったらしこりがあるから。それにしてもよくこんな細かいの見つけたねぇ、それだけ注意してみてあげてるんだったら、もししこりがあったらすぐ見つけられるよ」

いやん、褒められた!?
いやいやいや、できればしこりなんて出来ない前提でお願いしたい・・・

ちゃむがまだ仔犬だった生後5か月頃
ちゃむの足の間に、今まで見たことのない白いふくらみがある日突然できました。
半泣きで急いでA動物病院に行って「ちゃむにしこりが!」って見せたら
「たまたまが下りてきてるだけですね、こんなので連れてきた人初めてです」
とな~
しっかり診察代1000円徴収されました~
今となっては笑い話。
あの時は「生後数か月でガンとかないから」って言われました。
今回はもうすぐ4歳、もう何があってもおかしくない年なんだ、と思うと胃がずぅぅーんと重くなりました…




先生、ちゃむといちごを見て
「同じトイプードルでも全然雰囲気違うなー」って。
・・・いい意味で受け取っておきます(笑)

今回も多頭飼いについてお話してくださいました

「ちゃむが最初に いちごにガウッとしなかったからすでに上下関係はできている。
今後は褒める時でも遊ぶときでも何でもいちごを先にして
今はいちごが小さいからいいけど、成長して力がついてきた時にちゃむが先に可愛がられて、いちごがヤキモチを妬いた時にちゃむが怪我をすることになるから」
という内容でした。

確かにいちごちゃん、ちゃむがかまわれてたら走ってきてちゃむにジャンプ&パンチくらわすし
ちゃむが飼い主の足でまったりしようと座った瞬間に走ってきて場所を奪います…

でも先生の言われる通りにしたら ちゃむが可哀想です、と言いましたら

「大丈夫、人間でも上に立ちたい人や、下につきたい人がいる。
犬にもそういった性格はある
ちゃむは上に立ちたいタイプじゃない
いちごは上に立ちたいタイプ、きっと兄弟の中でも強かったんだろう」

もし。
私たちがいちごを優先的に扱うことに対してちゃむが嫌じゃなければ、
将来のちゃむの身の為(いちごによる負傷事件)にもそうしてあげる方がいいのかもしれない

確かにちゃむなら許してくれる気がする

でも本心ではどう思うだろう?

やっぱり切ないし悲しいかな。
それともいちごという脅威から逃れられるから別にいいのかな?

先生からどう言われても、いちごのことも大切でも
でもやっぱりまだちゃむを優先にしたいです。
いちごを迎えてなかったら、今、私の足の上で丸まって寝てるのはちゃむのはずだったんだもん…
奪われた場所の分、何かで埋めてあげたいと思うけど、犬の社会では許されないことなのかな。







また、ダラダラと長ーく書いてしまったので写真を一枚

いちご生後110日の体重測定の図
キッチンスケールの上にボウルを乗せて、その中に入ってもらって測るのですが…

いちご110日
ミーアキャットか!?
このまま身体を突っ張ったまま動かず




Comments (2) Trackbacks (-) | いちご

トリミングのこぼれ話

前回の続きですが



2月17日
ちゃむといちごをお迎えに行った時に、お店の方と少しお話しました

「いちごちゃん、2日間すっごい元気でした、今日もよく寝ると思います。
ここ(いちごがフリーにしてもらってるお店のエリア)では相変わらず元気が良すぎるくらいで、跳ねて跳ねてソファに乗ろうとしてヒヤヒヤした」

ス、スミマセン・・・家でもやらかします、激しいジャンプ…


「でも、トリミングルームに入ったら急に大人しくなった。ここ(フリーエリア)の時と大違い!」

お、おぉ・・・ここは素直に喜んでいいところですかね?
ま~まだ赤ちゃんだし、状況飲み込めてないだけかもしれないし、ぬか喜びだけはやめておこう


「で、いちごがトリミングテーブルに乗せられたら、ちゃむが心配そうにテーブルに手をかけて覗きこんで(デカプーだからなせる技)、いちごをずっと見守っていたんですよ!」
(ちゃむはトリミングルームがフリーエリアです)

まじか!?!?
いやいやいや、ぬか喜びはよくない
たまたま興味あっただけじゃないですか?と言ってみたら


「他の子の時はしない。本当にいちごのこと心配してたから。今はいちごとちゃむの関係が良くないって言ってるけど、今日の様子見てたらいつか絶対良くなるから」

って言ってもらえましたーーーキャー
これはもう素直に喜びましょう!



やっぱり ちゃむは優しい仔でした
いちごを心配して見守ってる ちゃむの姿を想像したら、もう!!!
なんともいじらしい




家に帰って、いちごちゃんはすぐに爆睡でした
ちゃむも疲れていただろうに、こんな姿見せてくれました

ちゃむ いちごを守るの図
寝ている いちごの隣に自ら行って よっこいしょ
若干のっかてるように見えなくもないですが^^;


ちゃむ いちごを守るの図
そっといちごに手をかけて


ちゃむ いちごを守るの図
「ぼくがいちごを守るんだよ」って言ってそう
若干、肘置きにしてる風にみえなくもないが^^;


ちゃむ いちごを守るの図
いちごもちゃむ兄ちゃんに守られて安心して眠ってますzzz



これはすごい進歩だ!
二人をホテルに預けて出かけるの不安だったけど、逆にそれが良かったのかもしれない!
二人にしかわからない何か結束力のようなものが芽生えたのかもしれない!

と喜んでおりました



まぁ、翌朝にはいつもの二人の関係に逆戻りしてました(笑)

いいのいいの、二人の関係が良くなる兆候が見られただけでも私は満足

ちゃむちゃん、ゆっくりでいいからね、少しずつ いちごを受け止めてやってね



いちごちゃん 初トリミング

いちごちゃんの初トリミングは、ちゃむがいつもお世話になってるサロンで、と思っていましたが
超人気店の為、2か月から3か月先でないと予約が取れず断念
仕方がないので、いちごをお迎えした近所のお店で初トリミングをお願いしました。
よくよく考えると、ちゃむの通うサロンは車で片道3時間なので、とてもじゃないけど いちごちゃん無理だし
初トリミングは行き慣れたところの方が いちごも安心して受けらると思われるので結果オーライということで。


旦那と私で泊まりで出かける用事があったので、そのお店でペットホテル利用中に、いちごだけトリミングをお願いしました(ちゃむは後日)
いちごちゃん、ペットホテルも初!なのですが、そもそもそのお店で生まれ、そのお店で1か月と20日過ごしたので問題はなさそう

問題はちゃむでして。
そのお店でペットホテルは何度も利用しているのですが、以前、ご飯をほとんど食べなかったそうで体中に別の犬のおしっこの臭いをさせて戻って来て、その日の夜に大量に吐いたことがありまして…
気の合わないワンコが居たんでしょうね…ストレスが凄かったんだと思います…

このお店は狭いゲージに閉じ込めないんです。トリミングルームの一室を預かりワンコのために解放してくれています
(いちごはそのお店の出身なのでお店のもっと広いスペースでお店のわんこと一緒に過ごさせてもらえます。いちごと常に一緒だとちゃむの精神が持たないのでベストな状態での一泊二日だと思います)

以前、動物病院にホテル利用で預けた際は、デカプーなのに狭いゲージに閉じ込められてそれこそひどいストレスを仔犬の頃に味あわせてしまったので、動物病院は今後もホテル利用の候補にあげません。

ということで、ちゃむに一抹の不安を感じつつも今できる一番良い形だと思いお店に預けました。




あ、さてさて

預ける前日(2月15日)
いちごちゃんをブラッシングしました
この赤ちゃん毛はこの日で最後かと思うと
やっぱりトリミングキャンセルしようか
もう少しこのままでも十分可愛いじゃないか
この柔らかい毛をもっと触っていたい
という欲望がムクムクと湧いてきました

before写真アホほどたくさん撮りました 2枚だけ載せます
いちご最後のパピー毛
いちご最後のパピー毛
後ろから見たらポメラニアンみたいなことに


毛をかき分けると
いちご最後のパピー毛
赤ちゃん毛の下から巻きの強いツヤツヤな大人の毛が生えてきてました



2月16日
ちゃむといちごをお店に預ける際
「これで赤ちゃん毛最後だから、ちょっと待ってください」とお店の方に言い
いちごを頬ずりしまくり、満足することはないけど時間がきたので泣く泣くお別れ



2月17日
ペットホテル&トリミング お迎え
今回もお店のワンちゃんや兄弟犬と激しく遊んでいたそうで、お家に帰る車の中ですでに電池切れ
家についたらブランケットの塊に自ら入っていき、お休みタイム
初トリミング
♪ほ~しにねがいを~
って曲が流れてきそうな寝顔
トップノット目指せば、トップの毛と耳の毛は赤ちゃん毛をもう少し味わえると思いオーダーしたけど…
ちょんまげ姿可愛いけど…
初トリミング

・・・いちご、トップノット似合わないかも~?

全身
初トリミング
ガリッガリ

寝てるか掻いてるか(トリミングから帰ってきてから乾燥したからか掻きまくり)なのでまともな写真撮れず、唯一全身写ったのがコレ(笑)
初トリミング
後ろ足で肩甲骨辺りを必死に掻きまくってる瞬間

見た目ちょっとお姉さんになって帰ってきました


首輪にかわいいゴムつけてもらってました
初トリミング
イチゴ



ちゃむの様子は次回に持ち越し~



Comments (2) Trackbacks (-) | トリミング

ちゃむの安全地帯

どえらい怪獣「いちご」が我が家にやって来てからと言うもの
ちゃむにとって我が家は落ち着いて生活のできない場となってしまいました(予定ではいちごが大人しい子でこういうことにならないハズだったんだけども


いちごに追われ、しっぽを噛まれ、顔面をパンチされ、逃げ込む場所はいつも「ソファの上」
ちゃむの安全地帯
ここでじっと気配を消してます

いちごはと言うと、小さいのでソファに上がれず、下でちゃむが下りてくるのを待ち構えますが飽きてどっか行っちゃいます
ちゃむはそれまで粘るという毎日(というかほとんどここにいる

寝てるのかな?と思って振り返って見たら、いちごが私の側でくつろいでいる姿をじとっとした目でずっと見ているという精神衛生上よろしくなさそうな毎日

ところが・・・

いちごにやってくる成長の波はとても激しく体も大きくなるし、ちゃむには見られない軽々としたジャンプ力が備わっていたので、ソファに上がることなんてもう楽勝となりました、(基本下りられない)
ちゃむの安全地帯
ソファの前に15センチほどの段差があるので上る分には安全だけども、危ないからできたら上ってほしくないんだけどな(>_<)


はい、ちゃむの指定席奪いました・・・




ちゃむも考える


ここなら大丈夫だろう、と逃げ込んだ先は
ちゃむの安全地帯
寒く薄暗く挟まれた「深さのあるカゴの中」
いつもは車に積んであるカートのカゴ部分(ドライビングボックスとして使用中)、車に人が乗るからと、はずして数日部屋に置いておいたら、ちゃむが安全地帯として認定!

ちゃむが寒かろうと思い、暖かい場所に移動
いちごはそこには入れないから外からカゴをカリカリカリカリ
ちゃむの安全地帯

しばらくは平穏な日々を送ってました。

が、またしても いちごは ちゃむの大切な場所を奪いました
この深さを難なくクリアして、いつの間にか入ってくつろいでいました…

ちゃむが入らなくなったのでこれ幸いとカゴを車に戻す私。



次にちゃむが考えた先が

ちゃむの安全地帯
「マッサージチェアの上」
雷や強風、地震などの恐怖に見舞われた時にだけ、オロオロして上っていたこの場所
とうとう いちごという脅威から逃れるために登りました



あっさりその場で奪われました
ちゃむの安全地帯




結局、奪われること覚悟でソファに一旦逃げ込むことに決めたようです
一番楽に行けるし、場所的にはくつろげるし、暖房の風が直に来るから、ってとこでしょうか。





リビングに居る時はソファに決めたようだけども、リビング以外の部屋にいく扉が開いた時

リビング以外は行こうとしない いちごちゃんを尻目にどこにでも行く ちゃむ。
しかし、これまた日に日に進出してくるいちごさん。
洗面所は数日前にクリア
残るは寝室(離れなので部屋こんだけしかないの

いつも最後の砦、と言わんばかりに寝室で自由を味わっていたちゃむ
本日午前11時 とうとう いちごの進出が決行されました!
ちゃむの寝室での指定場所・カーテンの裏側。
いつも天気を確認するために外を眺めるちゃむの秘密基地(オオゲサ)
あっさり奪われ、明け渡した模様・・・




ちゃむの安全地帯は本日をもってゼロとなりました。
いちごが寝ている時だけ安全時間


ブラッシング

ちゃむ一人っ子の時に集めた(?)スリッカーブラシ。


スターターセットとして最初に購入したのが『ペティオの小さいスリッカーブラシ』

ちゃむがどんどん大きくなっていき、ペティオのSサイズだと「やってられっかー!」ってなったので、次に購入したのは『武蔵のソフトスリッカーブラシ』
しっかりしていて、毛並みもよくなり、ちゃむもそんなに嫌がらなくて『武蔵』ばかり使うように。
『ペティオ』はお散歩の後専用となりました。

『ローレンスのスリッカーブラシ』をトリマーさんが良く使うと聞いたので、気になって購入
ちゃむは武蔵より嫌がらなくて、軽い感じがして、そんなに絡まってない時とかに『ローレンス』を使用

ブログで話題になった『フルーツ村のスリッカーブラシ』も購入したけど、ちゃむの体の大きさ&毛の長さに太刀打ちできずほぼ使用せず。
普段は使用しないので緊急避難グッズ入れに。


計4本


いちごが我が家にやってきて、まず使ってみたのが『フルーツ村』
なぜならイチゴ柄が入っていたから
でもなんだかとても嫌がる、痛そう…

次に使ってみたのが『ローレンス』
嫌がらない!
毛が絡まってる箇所は「キャンッ」って言うこともあったけど、丁寧に梳いていけば痛くなくなるんだと学習したのか?それとも私がいちごの叫び声にビビって有り得ないくらい丁寧に梳いているからか、最近では叫んだりもせず。
生後2か月の時はこのブラシが大きすぎて梳きにくい感じがあったけども、いちごも成長し今ではサイズもいい感じ♪



結果
『ペティオ』=お散歩の後専用
『武蔵』=ちゃむ専用
『ローレンス』=いちご専用
『フルーツ村』=避難グッズの中へ

と決まりました。



少し前になりますが、『ローレンス』でブラッシング中のいちごの様子
(私の部屋着はスルーでお願いします
「ブラッシング始めますよ~背中側は終わったのでお腹しますよ~」
いちごブラッシング中

いちごブラッシング中
いちご「なんだか眠たくなってきまちた」

いちごブラッシング中


「終わりましたよ~」
いちごブラッシング中
いちご「ね、寝てなんていまちぇんよ!ずーっとこうやって目を開けてまちたよ」



『ローレンス』のスリッカー、いちごに合ってるみたいです(^_^)


今のところ、いちごちゃんブラッシングをそこまで嫌がったりせず(初めての時は少し暴れました)

ちゃむが小さい時は嫌がって大変だったようなうっすらとした記憶が残っています。おやつで釣ってごまかしごまかしやってました。
今のちゃむは、トップ・しっぽ・手足の毛が長め&毛が細くすぐに絡まる のでブラッシングだけで30~45分かかりますが、4本足で立ったままじっとこらえてくれます。
(実際はブラッシング後しか食べられないスペシャルなおやつ目当てですが
たまに逃げてブルブルするし、トップや後頭部の絡まりをとってるとどんどん頭の位置が下がってきちゃうし、後ろ足の後ろ側だけはどうしても苦手らしく足をあげちゃうけど、よく頑張ってくれているなぁと感心します。
たまに「くぅ~~~面倒臭い!トップの毛もうそしっぽも次のトリミングでカットしてもらおうか」と私(きっとちゃむも)は思うわけですが、やっぱり今のカットが一番ちゃむに似合ってると思うので変更の予定なし、の予定(笑)
ちゃむの髪型
Comments (2) Trackbacks (-) | いちご

要領

今日は二人の要領について語ってみたいと思います。



先日、旦那の親戚数人にいちごを紹介するのに、ちゃむも一緒に連れて行きました。


ちゃむは、普段は大人しく、攻撃性ゼロ、甘え方も体をぴたーっとくっつけて上目づかいで「なでて」と来るとても可愛い仔ちゃん
なんですが
人に会うとハイテンションになってわっちゃわちゃします
噛んだりしないけど、息が上がるのと、舐めようとするので口が開いちゃいます、
その状態で「初めまして~僕ちゃむ!よろしくね~!!!!」をするので
デカプーなのが更に災いし、大抵の人に嫌がられます


いちごは、普段はとてつもなく激しく大暴れ、攻撃性ありまくり、甘えるということがほとんどなく、旦那から「いちごは寝起きの時だけおっとりしてて可愛い」と言われる有り様・・・
なんですが
人に会うと真逆に変身。
噛もうとすることもなく、ガタブル震え、動きもせずじっとしているのです。
更にまだパピーの小ささもあり、例えぼさぼさでも全ての人に「可愛い」と言わしめる小悪魔ちゃん






別の日ですが私の実祖母御年98歳(痴呆入ってます)、にもいちごを紹介しに行った時のこと。
ちゃむのことはそんなに可愛がるでもなく、ちゃむが祖母の顔を舐めようとすると「舐め舐めはキライだ!!」と手で払いのけるのですが
いちごを見せたら、呆けててぼやっとした表情からイキイキとした表情に変わり、抱っこさせてみたらとても大切そうにそっと抱っこしてくれました。
いちごが暴れて落ちそうな時もビックリする速さでいちごを抱き直してくれました。
「小さくて可愛い」と繰り返し言って、いちごが祖母の顔を舐めても全く嫌がりませんでした。

・・・「小さい」って最強・・・




ちゃむは要領が果てしなく悪く

いちごは「それは計算かい?」と思えるくらい要領が良く

これも個性なんだな~と思うけど、ちゃむが憐れで仕方ない
本当はとてもお利口さんで可愛い顔してて癒しの存在なんだけど、口で伝えてもその場のちゃむの行動がすごいから全く伝わらないんですよねー…クスン






今日も文字ばかりで寂しいので写真。

いちごが最近着てるお洋服
ダックスの服
(以前の使い回しのため矢印入ってます)



前から見ると・・・

『赤フン(または赤パン)に見える件』
赤フン?


赤フン?
いちご「ふんっやってられないでしゅ」



いちごの社会化 子供編

迷子のニコちゃん、まだ情報がないそうです
早く見つかりますように→








私には子供はいませんが、
旦那側に甥っ子姪っ子が5人
私の兄のところに甥っ子姪っ子が2人
いております。
上は小学生2年から下は0歳まで。

いちごがまだ小さいのと、子供たちが元気いっぱい過ぎるので、
実は2ワン目を飼い始めたことを内緒にしておりました。

昨日、旦那側の姪っ子甥っ子が離れにチョコ持ってきてくれました
で、いちごの存在バレマシタ

その姪っ子ちゃんはちゃむのことをとても可愛がってくれる子で、甥っ子姪っ子の中で一番優しく接してくれる & ちゃむが姪っ子の顔を舐めまくっても我慢してくれる(というか顔を差し出してくる)ので、一番最初にいちごを抱っこしてほしかった子
ばれて逆に良かった。

まだ4歳になったばかりの甥っ子が
「いちごちゃん何歳?」と聞くので
「0歳だよ、○○くん(甥っ子の弟:0歳)より遅く産まれたんだよ」って言うと
「ちゃむから産まれたの?」って

「ちゃむは男の子だからなぁ~産めないんだ。買ってきたの」と現実をしっかり教えるオバの私(笑)



義妹の許可も得たので、可愛い姪っ子甥っ子の写真載せちゃいます

姪っ子といちご
姪甥
さすが、上手に抱っこしてくれてます。


姪っ子と甥っ子といちご
姪甥
雪遊びの途中だったので雪まみれの二人


ところで、いちご・・・その表情はなんだい???
姪甥





いつもお転婆でやんちゃないちごちゃん。
初めての人間の子供、どう思ったかな?
ガタガタブルブル震えてたのは緊張したから?
ありえんくらい寒かったから?
まるで借りてきた猫のようでした(笑)


いちごよ、この女の子はとても優しい子だよ、可愛がってもらうんだよ。
もう一人の義妹の下の女の子だよ、子供ならではの本当の恐怖を教えてくれる相手は

Comments (2) Trackbacks (-) | いちご

迷子犬ニコちゃん探しておられます (豊中・三国・尼崎)

ニコちゃん 生後5か月のトイプードルの女の子 小さくて可愛い仔が迷子になっています。
大阪の豊中、三国、兵庫の尼崎 エリア
もしくはもう少し広い範囲かもしれません。

迷子犬ニコちゃん
(ニコちゃんのブログからのお写真です。サイズとお顔がわかりやすいと思います)

詳細はこちら↓からお願いします。
ニコちゃんのブログ

迷子になった当日はたまたま 首輪もリードもお洋服もつけてなかったそうです。
もしかしたら、捨てられたワンコだと思い保護・飼育されているかもしれません。
もしかしたら、この寒い中まだ一人で家族の元へ帰りたくても帰れないと泣いているかもしれません。

近所のお住まいの方、このエリアにお知り合いがいらっしゃる方がおられましたら、「ニコちゃんいてるかな?」と気にかけてあげてください。
もし「ニコちゃんかも?」と思われるワンコを見かけられたら

『豊中南警察署、豊中保健所
又は080(6104)5627【フクイ】までご連絡ください』とのことです

一日も一刻も早く飼い主さんの元へ元気な姿で戻られることを祈ります。
Comments (4) Trackbacks (-) | 未分類

ちゃむといちごの距離感

ちゃむといちご、寄り添って寝てくれる日を夢見ておりますが。

いちごが起きている間はちゃむにちょっかいを出しまくるので、ちゃむの警戒心が半端ない
そんな毎日を送っておられます。


そんな中でもたまにはすんごい奇跡が起こるわけでして。



寝相
ちゃむが疲れて寝ていたところに、私の太ももを枕にして寝ていたいちごが「・・・おかんの太もも寝心地悪いでしゅね。よっこらちょ」とちゃむのそばに移動。

寄り添ったーーー!!!

あ、いや、語弊がある…
いちごが「・・・おかんの太もも寝心地悪いでしゅね。よっこらちょ」とふかふかブランケットの上に移動。


次の瞬間
寝相
ちゃむがあんよでいちごにブランケットをかけてあげた

あ、いや、これも飼い主の妄想…
ちゃむはうぅ~んと伸びただけ。
ちゃむが「足に何か当たったな~」という感じで目を開けた次の瞬間
いちご!」って
飛び起きた

ちゃむ、安心して寝ることもできず…






この数分後。

奇跡は再び訪れたのです!

寝相
これまたウトウトするちゃむに いちごがぴたっとな

ここからが奇跡

寝相
ちゃむ一瞬起きる
「んあ?いちご?・・・」と確認した後
寝相

寝た―――!
お散歩であまりに疲れたのか、再びいちごがくっついていっても、気にせずぐっすり。
この日はいちごも疲れていたみたいで良く寝ていて、ちゃむに対して襲ったりしなかったのでちゃむも久々に私の側で安眠



きゃぁきゃぁ
これをきっかけに二人の仲が良くなっていくんじゃないの~
なんて思っていましたが、

その後

全く変わりない距離感保っておられます…
この近距離で寝てる写真、今のところ本当に奇跡の写真でございます。



お散歩の後

お散歩後。

ちゃむは私の体勢が整うまで玄関の上には上がろうとしません、じっと待ってくれます。
首輪・リードをはずしても、お手入れが終わるまで上がってはダメだとわかってくれてるみたい。
お手入れする間も、じっとして動きません。
ちゃむがじっとして動かないって、この時だけのような気がする…
お散歩後

実家でお散歩して、玄関ではなく居間でお手入れしてた時も(外で簡単に手入れした後、居間でしっかりフキフキ)、汚れた足で走り回ってはダメだとわかっているのか、この時ばかりはじっとしてくれます。
「よし!終わったよ」って言うと
「よっしゃー!解放だー!」と言わんばかりの勢いで私の足からジタバタと下ります。
お手入れ、耐えてるのですね。
いつからこうなったんだろう?最初からだっけ?途中からだっけ?

そう言えば、余裕ぶっこいて下りれる高さの玄関も自らは絶対に下りない。
お散歩に出かける時も、テンション上がりすぎておかしくなってても、玄関の下には絶対下りない。
いや~お利口さんだな~

お散歩で雨に降られたら、有り得ないくらいテンション下がるちゃむ。
お外でお座りはしても、フセはしないちゃむ。もちろんゴロゴロもしない。
私がアレルギー持ってて、土とかホコリとか触るとすぐにかゆかゆ出るのわかってくれてるんじゃないかと思うくらい、自らも汚れることを避けてくれるちゃむ。
本当に助かります、ありがとうね、ちゃむちゃん









ちゃむのお手入れ中のいちごちゃん!どうしてる!?

お散歩後

振り返ると、スリングにすっぽり収まった状態でウトウト

か、かわええ

今は寒いからぬくぬくスリングから出たくないのかな?
それともちゃむのお手入れが終わるまでお利口さんで待っていようと思ったのかな?
ハイパーガールのいちごちゃんが暴れもせず、じっとしてくれて助かります。
ずっとこうだったらいいけど、暖かくなってきたらどうなるかな






ところで。

多頭飼いのわんちゃんたちって、お散歩の後のお手入れどうやってるんだろう?

今のところ いちごちゃんはまだお散歩できないからスリングで連れて行ってるからいいけど。

今まで、ちゃむのお散歩後は。
玄関でお手入れ。
ウエットティッシュで服から出てる部分を軽く拭き、仰向け抱っこして両手足をしっかりと拭いて、服から出てる部分をブラッシング、除菌スプレー、肉球クリーム。
(花粉の時期は玄関の外で花粉除去のスプレーを全身に振り掛けて花粉を払ってから玄関に入ります。私が重度のアレルギー持ちだから)
少なくとも15分くらいかかります。

先住犬をなんでも優先でしなければならないから、いちごも一緒にお散歩始めたら、上記の時間、ずっといちごは玄関の下でちゃむのお手入れが終わるまで待つの?
いや~いちごの性格考えるとちょっと無理かもー・・・!?
汚れた手足で、お手入れ中のちゃむに飛びかかること目に見えてる(笑)

悩ましき問題・・・