TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年01月
ARCHIVE ≫ 2015年01月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2015年01月  | 翌月 ≫

いちご 生後90日

いちごちゃん、生後90日になりました



生後90日の成長記録の前に、生後50日~の記録をば。

生後50日 607g
生後60日 689g (+82g)
生後70日 810g (+121g)
生後80日 927g (+117g)

生後50~60日は食が細く心配してましたが、
ガツガツ食べる様になってからは、体も日に日に大きくなっていきました。
肉付きもよい

12月29日(生後60日くらい)
成長記録
① 首回り 12cm
② 胴回り 20cm
③ 体長  16cm
④ 体高  14.5cm

今思えば、測り方が緩かった気がする・・・
たぶん毛も長さに含めてたかもしれない・・・





1月31日(生後90日)
成長記録
体重 1114g (生後80日+187g)
① 首回り 13cm
② 胴回り 23cm
③ 体長  19cm
④ 体高  19cm

ぼっさりーのな毛はちゃんと押さえて測りました。
それにしても、わずか10日で187gも急激に増えた体重にビックリ

生後50日~90日までに増えた体重の総合計は+507g
ほぼ倍に近い!
身体も見るからに倍大きくなりました。

小さかった時の写真、もっと撮っておけばよかった~
こんなに早く成長するんですねぇ。
デカプーのちゃむですら、こんなすごい伸び率ではなかったので、気を抜いてましたわ。



先日、ブリーダーさんのところにいちごを預けて見てもらってて、
今より毎食2gずつ、フードを増やすように言われました。
その後、お話してて、
「そう言えば、いちご、この前1000gを超えました!」って報告すると
ビックリされてて「そんなはずはない、この大きさだったら800gくらい」と。
えーーーっと、800gなんて20日前に超えてますね~そのころはもうちょっと小さかったですね~。
えっと・・・フード増やしてもいいですか!?って確認するの忘れちゃった。増やしてるけど。

なんだろ?太ってるわけでもないし、うんPの硬さもちゃんとチェックしつつご飯増やしていってるし。
この体に対して、適正な体重だと思うんだけど。内臓ぎゅっと詰まってんのかな???


ちゃむは3か月から4か月にかけてが一番体重の増加が激しかった&身体の成長もすごかった。
いちごはこれからどういう風に育っていくのかな~♪

思ったより成長が早い いちごさん
ご飯もきちんと食べて、元気に動き回り、寝る時は寝る、素晴らしい健康優良児なんじゃないかと思います

飼い主がびっくりするくらいのジャンプをかましてくれて毎回ヒヤッとさせてくれたり、ちゃむに飛びかかったり、ブランケットの繊維をむしったり、ブランケットのボタンを執拗に狙ったり、私の髪の毛やシュシュをはむはむしたり、してくれます

とりあえず、ありえないくらいの大ジャンプかますのは止めようか、いちごちゃん。骨折が怖いよ。

兎にも角にも、
元気に生後90日目を迎えてくれてありがとう




Comments (5) Trackbacks (-) | 成長記録

vs掃除機

友人がお子さん連れて、ちゃむといちごに会いに来てくれると言うことで
日頃適当にしかしない掃除を気合入れて頑張りました。(がっつりO型です)

いつもと違うキビキビした動きの私に、ちゃむもいちごも「なんだ なんだ 天変地異か」とオロオロ。

掃除機かけ始めて、二人の行動の違いに気付く。

ちゃむは
vs掃除機
(掃除中につきいつもと同じだけどごちゃごちゃお許しを)
常に掃除機の周りをウロウロウロウロ
しかもなぜか掃除機の進む方向にスタンバイ
ちゃむを避けながら+進む方向をあっちにしたりこっちにしたりしても、なぜか進む方向にいる。。。
ビビったりしてるわけでも、掃除機で遊ぼうとしてるわけでもなく、吠えたりもせず、しっぽも下がってるわけでもなく。
邪魔なんだけどちょっと楽しい
邪魔ならサークルに入れればいい話だし、その方が安全なんだけど、こうやって一緒に遊んでる気分も味わえる♪ので止められない

大体においてビビリちゃん発揮してるちゃむだけど、案外そうでもない!?




対して




いちごは
vs掃除機
掃除機の音がすると、急いでサークルの中のドーム型ベッドに逃げ込みました
ここから様子を伺ってます
掃除機を一旦止めると、そろ~りと出てくるけど、スイッチオンにすると、びゅっ!とベッドに逆戻り。
普段も少しの物音でもベッドに逃げちゃいます。(何かを落としたりした時も)

お転婆ないちごちゃん、恐い物知らずなのかと思いきや、意外とビビリさん?







その後、友人とお子さん(1歳)が家に上がった時も。
(最初は2わん共、サークルに入れた状態でご挨拶。お子さんが慣れてきたかな~って頃に1わんずつ私が制御しながら
サークルから出してみました。)

ちゃむは最初友人が玄関にいた時は吠え、部屋に入って顔が見えるとサークルのすみっこで震えつつ「きゅんきゅん」。
サークルから出したら友人に向かって走りだします、甘えたくて。
お子さんには危ないので抱っこで近づけたら、ちゃむは興味あって近づこうとするけど、お子さんはちゃむの大きさと勢いにビビって眉間にしわ!(笑)近づけるの止めておきました。



対して


いちごは、サークルの中にいる間は興味深そうにじっと見てて。肝座ってんな~と。
お子さんも小さくて暴れない いちごには興味があるみたいで。触ってみる?って聞くと「うん」って。
で、サークルからいちごを出したら、、、、いちごが全然近づかない。
行こうとするけど「やっぱ無理!」って引き返してきて。(あ、友人の方にね)
お子さんに抱っこで近づけてもあんまり反応なくて。





ちゃむを「ビビリ」、いちごを「恐いもの知らずなお転婆」 と決めつけて思ってたけど、ワンコも人と一緒で性格なんて一言で片付けられないよね~複雑だよね~
ちゃむだけ飼ってる時だと他の仔と比べることがなかったから、そういうことにも気付かなかったです。
ま、ベースは「ビビリ」と「お転婆」なのには変わりないけど




でも、これでちょっとわかったことが。
いちごちゃん、兄弟犬のエス君(とても小さい)と ちゃむ(気の優しいデカプー)にだけかなりな強気で向かって行ってるってこと。
逆に言えば、心を許してる・・・のかも???
いいんだか、悪いんだか



いつか登場するであろうその他の登場動物の紹介

私、旦那の実家の離れに住んでます。
結婚して10年経っちゃいましたが子供はおりません。
2部屋しかないので狭いけど、二人と2ワンで暮らすには十分です。
常にちゃむといちごの存在を感じられるので、何かあっても(意味深?笑)癒されております


実は他にも癒しを与えてくれる子たちがいたりします。


旦那の実家(母屋)。
アメショのミーちゃん(♀) です
ミーちゃん
(箱があったら入るよね)
義父母が大切、且つ、ざっくりと飼っておられるので、年齢が5歳だか6歳だか定かではありません。
外出し放題
抱っこ完全拒否
「なでて♪」と甘えてきても、数分なでると「もういらん」と急にネコパンチ繰り広げてくるツンデレちゃん
お風呂に入れてもらったことゼロなのに、とっても艶々でキレイな仔。ナゾ。
ブラッシングもしてもらったことゼロ。
ミーちゃん見てたら、いつも思う。手間が全くかからなくてええな…と。
実は私、猫は結構苦手だったのですが、先代ミーちゃん(♀)(代々このお家の猫は「ミーちゃん」という名前)で少し慣れ、今のミーちゃんには話しかけたりなでたり、きゅっと丸まった手や下から見た口元などに萌えたりできるほど成長させていただいております
「ミーちゃん」って呼びかけたら最初だけ小さく「ミャー」とお返事してくれるのもかわいいポイント♪



私の実家(車で15分)にもおります。
ビーグルの「ゆう」♂です
ゆう
この写真は2年前の。
現在ゆうは15歳のおじいちゃん。まだまだ元気にお散歩できます。
私が一人暮らしで実家を離れてる間に、実家の父がある日突然衝動飼いしてきたわんこ。
お顔が父に激似(笑)
穏やかな性格してます、近所の子供たちに大人気なんだそう。
洋犬で外飼いだからか、頻繁に洗ってもらってても臭う(笑)←ミーちゃんとえらい違い
一般的なビーグルより大きいので、立ち上がってぶつかられたら、足に大きな肉球スタンプの青タンできます
大きいのでお散歩の要求吠えの音量がかなりすごいです。
すごく嬉しい時は興奮しすぎてしっぽがグルグル回転します

ちゃむは ゆう と何度か一緒にお散歩させてもらってます。
穏やかでしつこく干渉してこないので、ちゃむもゆうとのお散歩が大好きですごいハイテンションになります。
ちゃむが外でうんPすること、きっとゆうから習ったんだろうと思います



以上、ミーちゃんと ゆう の紹介でした~
ミーちゃんも ゆう も、たま~にこのブログに登場するんじゃないかと思います。
「よろしくです」


いちごの2回目ワクチン接種

11月2日生まれのいちごちゃん。

12月13日にブリーダーさんのワンコかかりつけの病院で1回目の6種混合ワクチンを接種済。

12月21日にうちの仔になる。
ブリーダーさんから
「ワクチンを合計3回するなら2回目を1月13日頃、3回目をその一か月後、散歩はその2週間後からOK」
「ワクチンを合計2回で済ませるなら2回目を2月2日ごろ、散歩はその2週間後からOK」
と説明を受けました。
お散歩デビューまでそんなに外を出歩かず、他の知らないわんことも接触がなければ2回で良いけど、
気になるようなら安全な3回を受けるように、とのこと。

悩みましたー

2回で済ませば、お散歩デビューが早くできる。

けど、なんだか不安で…

結局合計3回してもらうことに。
(田舎だからか?あんまり飼い主さんたちのモラルがなってないので万が一の病気感染が怖いから。お散歩バッグ持ってお散歩してる人ほとんど見たことないし、ワクチンとかしてない子もいるみたい(アレルギーとかでなく)




1月16日に2回目の6種混合ワクチンを接種してもらいに行ってきました。
ちゃむもお世話になってる動物病院に行ってきたんですけど、なんていうか、こう、ざっくりとした先生で…ちょっと不安もあるけど、一番近いので、もしもの時には逆に一番安心かと…


いちごちゃん、初めてその病院に行ったんですけど。
サクッと体重測って、触診もせず健康状態など全く見ずに、ぷすっとな
いつも思うんだけど・・・他所の病院でもこんなものなのですかね?

昨年、ちゃむのフィラリアの薬もらいに行く時も、何の検査も無しで、ほいっと薬出されるので、血液検査お願いしたら
「毎回きちんとあげてるんでしょ?なら(フィラリアの感染)大丈夫だから」と。
そりゃ愛犬の命を守るものだからきちんとあげてるけど。
万が一感染していた場合、フィラリアの薬によって重篤な状態に陥ると聞いたことがあるので、血液検査してもらいました。
結果「ほら、感染してない」と。検査してもお金の無駄だったでしょう、という感じ。
うん、結果、感染してなくて良かったけど。どうなのかなぁ?お薬あげてたら検査しないものなのかなぁ???

話逸れました


いちごちゃん、ぷすっとされた時に、
キャイン!
と短く泣いたけど、その後はぐっとこらえてました。
先生から「この仔は賢い仔になる。ただ賢いと、いいように飼い主を使って、下に見ることになるかもしれないから気を付けて」
うううう、嬉しいような、なんだか複雑~な心境
だってすでにその片鱗あるものね・・・

ブリーダーさんからお迎えしたと話したところ
「ブリーダーから迎える場合、何番目に産まれた仔か聞くといい。
最初に産まれてきた仔は、勝つことをまず知ったので頑固な仔になる。
最後に産まれてきた仔は、負けることをまず知ったので臆病者になる。
真ん中の仔が最良、勝つことも負けることも知って産まれてきたからバランスが良い仔になる」
と。
あの~先生・・・私すでにいちごちゃんをお迎えした後なんですけど・・・そのアドバイス、ちょっと遅かったかな・・・
しかも、いちごちゃん、5人兄弟で唯一の女の子なので、順番とか選べないです~・・・
いつか、誰か、このブログを見て下さった方が、ブリーダーさんからお迎えされるときのちょっとした情報になれば、いいかな・・・
って、この情報の信憑性わかりませんが

あ、更に先生「多頭飼いの上下関係はお迎えから1週間で決まるから」って。
えー(その時点で)もう3週間経ってるし、すでにいちごの方が強い感あるんですけども。

実はこの先生、かなりの猫派
犬のことでここまで話してくれるのは珍しい。
折角いろいろ教えて下さったんだけども、時すでに遅し(笑)




3回目の接種予定日は2月16日だったのですが、
飼い主の都合により、2月20日にトリミングの予約を入れてしまいました。
注射してから日数が短すぎるので、トリミング後の21日以降に注射予定となりました。
あぁ、お散歩デビューがまた少し遅くなっちゃうね


Comments (2) Trackbacks (-) | いちご

ちゃむの散歩+いちご

多頭飼いを始めて一か月。

多頭飼い始めた頃に、お散歩について考えて出した答えが
・まずはちゃむだけ1時間お散歩
・その後、いちごを抱いて数十分の社会化


理由は
私一人で散歩させるのに、ちゃむと 外に慣れていない いちごを同時に連れ出すには恐怖が強すぎて。
ネットで頼んだ首輪がなかなか届かなくて、いちごとバッグを繋ぐものが無かったのも不安だったから。
あと、いちごは必然的にバッグインか私抱く形になるから、ちゃむを見下ろす感じになって、2わんの関係性に問題が生じるのではないかと危惧したから。




いちごを一人で1時間強お留守番させることが心配だったので、飼い始めてしばらくは、ちゃむにお散歩我慢してもらいました。(どっちにしても雨・雪の多い地域にすんでるので、この時期はお散歩に出られる日が少ないのですが)

最初は試しに、ちゃむのみ30分の短いお散歩からスタートさせて、いちごが一人でお留守番できるか様子見。
もう不安で不安で仕方がなかった、飼い主が
ちゃむもいちごが心配だったのでしょうか?お家に入ったらまず、いちごのサークルの前に行きました。
もしかして、「あいつ もう居なくなってるかな~」って思ってたらビックリですけどね

帰宅したら、次はいちごの社会化です。
とても寒いので、いちごは「For Dear D」さん(ペットグッズのお店)のふかふかレリット(うちにあるふかふかの中で最高級のもの)にくるんで抱いて、近所を歩くこと5分から開始。
だがしかし、田舎の中の田舎。
社会化のためのいろんな音を聞かせたいけど、しないのですよね…せいぜい国道を走る車の音くらい(国道言っても片側一車線だし、交通量も少ない)
社会化になってるのか疑問に思いつつ
この一か月、ちゃむといちごのお散歩を別々にしていました。




昨日もその予定だったんですけど。

旦那の車の駐車場に、土木の方が車を停めて、更にはすぐ横で工事を始められまして。
(母屋の義母が連絡されたので、来られることも聞いてなかった)
ちゃむが警戒吠えで、ワンワンギャンギャン
そら吠えるわな、ちゃむは悪くないんだけどもな、工事の人おる間ずっとこれか…何時間かかるんだろう??
ちゃむに注意してもなだめすかしても、全く効果なく。
(いちごはまだパピーなのでこういう時の問題行動は今のところ出ていません、いつか出るんだろうな…ちゃむ兄ちゃんのマネをして
かと言って、この状況でちゃむだけ散歩に出たら、いちごのトラウマになるかもしれないし…

意を決しました!
ちゃむといちご、同時にお散歩です!

いつも いちごはレリットに包んで両手で抱えて持ってたのですが、それでは危険。
スリングにレリット入れて、暖かさとカサを増して、お散歩バッグの中身はスリングにポイポイ入れて。
いちごの首輪も届いたので、スリングとつなぐこともできるし。

さぁ!行くぞ~!

いちごちゃん、今までと違う景色にもぞもぞキョロキョロ
ちゃむといちご一緒にお散歩へ

ちゃむはいちごがいるからか、なんだかとっても上手に歩いてくれました
ちゃむといちご一緒にお散歩へ
お兄ちゃん風ふかしてたのかな?

いつもちゃむと歩く1時間コースを1時間半以上かけてゆっくり歩きました。(工事の人対策で)
社会化散歩、今まで20分が最長だったのに、急にロング社会化散歩。
いちごちゃんの負担も考えたけど、刺激がね、少なくて。田舎の堤防なんて…人とすれ違うことも稀だから・・・逆に良かったのかも・・・←なんか悲しい(笑)

ちゃむがお利口に歩いてくれても、いちごがまだ軽くて楽でも、いつもより長い散歩に若干疲れて帰ってきたら。

まだ工事の人いたー
お寒い中、長時間お疲れ様です・・・
案の定、ちゃむの警戒吠え再開ですorz
すぐ帰られたから良かった。




ちゃむもいちごも疲れたのか、私を挟んで結構な近距離でお休みされておられましたので、ブランケットかけてあげました
ちゃむといちご一緒にお散歩へ

寄り添って寝る日は近い!?

いやいや

ちゃむといちご一緒にお散歩へ
そんなもんですよね…


ブランケットの下からのぞく紫の物は、わんこ界で有名なマシュマロクッション。
ちゃむも いちごも 私も(←え!?)この上は争奪戦です!
今回はちゃむがモノにしてました~
ちゃむといちご一緒にお散歩へ
いちごが来たらすぐに逃げちゃう譲っちゃう優しくもヘタレな愛息ちゃんです


Comments (0) Trackbacks (-) | お散歩

いちごの初シャンプー

ちゃむを飼った時は、ペットショップから「生後3か月すぎまでシャンプーしないでください。トリミングも生後4か月以降で」と言われました。
ちゃむはトイレの失敗があったので、洗いたくても洗えないジレンマに陥ってました。
水のいらないシャンプー買ったり、うんP付いた部分だけ水洗いしたり。
ちゃむの初シャンプーは生後3か月半でした。
ちゃむ 初シャンプー
(あぁ、この頃はちゃむもまだ小さかったなぁ 遠い目


対して


いちごのブリーダーさんは「成犬なら2週間に一度でいいけど、パピーは何かと汚れるから1週間に一度シャンプーしてあげて。トリミングも生後2か月3か月で」と。
ちゃむの時とえらい違ってびっくり。
で聞いてみた。
「ショップでもすでに何度もシャンプーしてるから。問題ないから」とのこと。

素直に従います。

でもこの極寒。
&生後2か月にも満たないパピー。

最初の2回は入浴のみで済ませました。
ちゃむ用に、と買っておいた「シャンプーしなくてもいい入浴剤」があったので、すごく薄めてちゃぽんと浸けるだけ。
案の定、暴れておられました、いちごさん



おトイレの失敗がないコだけども、トイレシートの上に座ったり、そこでへたって体カイカイしたりするので、ま~そこそこ臭う。
涙もすごいので、目の周り納豆臭だし。

いちごも生後2か月半を超えましたので
昨日、思い切って初シャンプーしました
今回はリンスインシャンプーで時短&慣れさせます。

いちごのお風呂の前に、ちゃむちゃんもお風呂
ちゃむ、大きいし毛も長いので結構時間かかります。
2週間毎にいれてます。
シャンプー → トリートメント → 耳掃除 → ドライ → 肛門・肉球の毛パリカン → 爪やすり →肉球ケア
いつも私一人でやるので3時間。
お互いヘトヘト。
今日は旦那が休みだったのでドライを手伝ってもらえて2時間ちょいでできて楽だった~
(ちゃむも私だけの時より大人しかった・・・

楽だったけど、この後、いちごちゃんのシャンプーが待ってます。
気合い入れ直して頑張んべー!

いちごちゃん?
いちごー?
あ、危険察知してサークルのドーム型ベッドに気配を消して隠れるように避難しておりました。
パピーなのに危険察知するなんてスゴイ、と変なとこで感心しつつ。
捕獲です。

お風呂場へ強制連行

いちご初シャンプー

いちご初シャンプー

いちご初シャンプー

寒いんだから、お湯に浸かって温まってほしいんだけども、どうしても怖いみたいです^^;

いちご初シャンプー

いちご初シャンプー

ずっと桶のフチをぎゅっと持ってて、ずっと萌えてた私

いちご初シャンプー

お顔まで濡らしたら、本来のいちごちゃんの姿が現れましたよ~
あ、↑こっちですよ。
↓こっちのことじゃないですよ

いちご初シャンプー

さて、シャンプーしますよ、いちごちゃん。
サクサクッと終わらしちゃいますからね~頑張ろうね~

いちご初シャンプー

シャンプー終わりました。
いちごちゃん、持ち上げられるとき、こうやってヒシッとしがみついてきます
サークルにいる時も、自分が出たい時は私たちがトイレの片付けなどでサークルに手を入れたらしがみついてくるのです
旦那もこのしぐさにメロメロ完全にいちごに弄ばれてます、いちごが悪さしてサークルにいれてもコレされたらすぐ出しちゃう(笑)あかんやろ~
実は、ちゃむ派の私もいちごのコレには弱い

耳掃除 → ドライ → 肛門・肉球毛バリカン → 爪ヤスリ → 肉球ケア 
一通り簡単に済ませて

いちご初シャンプー

この後、いつもは怒られない限り自ら入って行かないベッドに直行してました。

いちごちゃん、私のこと嫌いにならないでよー

んで早速、涙で納豆臭ふりまいておられます




いちごちゃんのトリミングの開始、悩んでます。
ブリーダーさんは「生後早めにトリミングした方がプードルらしいしっかりとした毛質になるから、早い方がいい」と言われてました。
ちゃむは生後4か月でトリミングしたからか、持って生まれたものなのか、今でもとっても柔らかい毛質です。
もつれやすいので困る点もあるけど、
触っててパピーのいちごちゃんにも劣らない、いやむしろちゃむの方が長くてふわふわなので気持ち良いくらいなのです。

いちごちゃん、どうなる!?



Comments (2) Trackbacks (-) | いちご

いちごのご飯事情

最初に使わせてもらってたテンプレートの書式が、いつの間にか変わってて、なんだかとても見にくくて。
何もいじってないのに、てかそんな難しそうなこと私にできるわけないのになんで変わったのかな???

見やすいテンプレート探して只今試行錯誤中~
最初のテンプレート、気に入ってたのになぁ、残念。









いちごをお迎えした時、ブリーダーさんから
「この子は食に興味がなく、他に興味があるもの(おもちゃ・遊び)があるとそっちに気が行ってしまう。
パピー期にご飯を食べないと低血糖でとても危険な状態になるから無理にでも食べさせて」
と言われました。


ちゃむは、パピー期はちゃんと食べたけど、その後何度か食べない時もありました。
その時は食べなければお皿を下げて、という躾ができたけど。

お迎えしたばかりのいちごちゃんはまだ生後2か月に満たないパピーちゃん。
そんなやり方だと本当に低血糖になっちゃう。
どうしよう、から始まったいちごのご飯。



うちに着いて初めてのご飯。
いちご初めてのご飯
ほんまや・・・!
ご飯ちょいっと食べたら、もう食べない(>_<)
これは本気でヤバイやつだー

残した分は、いちごをひざに抱いて、スプーンで口に運んで一粒ずつ食べさせる。

最初は飲み込むけど、すぐにニッチャニッチャして口の端からペッと出す
いちごの顔も体も
私の手も体も
ふやかしたエサまみれ・・・

初回はなんとか頑張って規定量の3分の2ほど食べさせる。

次以降の食事も残すし、2分の1も食べてくれない時もあって(T_T)

すごく嫌がるいちごに、無理やり口の奥にご飯を入れる拷問のような仕打ちをしてるのが辛くて悲しくて。
でも心を鬼にしなきゃこの仔死んじゃう。
やり切れなくて涙は出るし。
何も手伝わない旦那にケンカふっかけたりしてました。←仕方ないよね!?




3日目でギブアップ
ブリーダーさんのとこに連れて行きました。
さすが慣れておられる。
食べ渋るいちごの口に上手にサクサクとご飯を入れていかれます
「私の時はこんなに食べてくれない、横から吐き出すんです」と伝えたところ
「ここではそんな技したことない」とビックリされておられました。
・・・私、いちごにバカにされてんのかな???

やはり低血糖が心配だから、とサプリメントの購入を勧められました。

サプリメント
(あ、値札ついたままw)
茶色いどろっとした液体です。
「これをご飯に混ぜるか、直接舐めさせて。鼻に付けて自分で舐めさせてもいいよ。これならどんな子も大抵口にするから」とのこと。

早速帰って、ご飯時に指に付けて舐めさせたところ。
少し舐めました。
が、どろっと具合が気に食わなかった様子。
イヤイヤイヤイヤ~って。
鼻に付けてもすごい迷惑そうにする・・・
どんな子も大抵口にするんじゃなかったのかよ・・・いちごちゃんは少数派かい?

どうすんだ、コレ、どうしよう、食べないよー(T_T)




翌日、ブリーダーさんから「食べましたか?」と連絡が入ったので、伝えたら「連れてきてください」と救いの一声。

兄弟犬「エス君」とたくさんガウガウ遊びをして、エス君と一緒にご飯タイム。
いちごちゃん、自分のお皿には手を付けず、エス君の食べてるお皿に一緒に頭突っ込んでエス君のご飯を横取りしてましたナンジャソリャー




ここで、いちごのフードボウルについて。
いちごを迎える前に届くようにとネットで注文していたフードボウル。
数日経って「メーカーの在庫切れ」との連絡あり。
もうその時点でいちごちゃんお迎えっすわ…間に合わなかった…
ので、家にある同じような大きさの容器を仮フードボウルとして使ってました(上の1枚目の写真の透明なお皿)。
そして注文していたのと同じフードボウルを売ってるお店をネットで探しまくって、いちごをお迎えして数日後届きました。
いちご フードボウル
かわいい上にお安いフードボウル。
どこのお店も売り切れで、ようやく手に入ったものの、正規のお値段なのに塗装ミスだらけ。でもいいの
不思議だけどお皿をこれにしてから、少しずつだけども食べるようになったのです。
写真を良く見るとわかるんだけど、サプリメントがついてる部分だけがっつり避けて食べてます(笑)

それでもすぐには全部食べなくて、時間がかかってました。


まだ小さいのにママと離されてミルクが恋しいかもしれない、と思い、
サプリメントを止めて、ちゃむ用に買っておいたヤギミルクを耳かき一さじ分だけ入れて様子見。

見たことない勢いでがっつく がっつく




いちごがうちに来てから試行錯誤すること1週間。
フードボウルとヤギミルクで、いちごの食い渋りは解消されました



ヤギミルクを入れて完食して以来、食べ残すことゼロ!瞬殺です!
毎食後、満足の「ゲフーッ
下に落ちてないか探すほどになりました。
更に進化を遂げ、ちゃむのご飯やおやつまで狙うように。まだお腹が受け付けないからやめとこうねーいちごちゃん。


食べてくれることの嬉しさありがたさ、噛みしめました。




あ、いちごちゃん、おトイレの横の白いマットで初めてチーしちゃいました。
理由はわかりません・・・
それ以降はちゃんとトイレトレーでしてるので何が起こったのやら???
今後も気を抜かず、いちごに体調不良等の変化がないかきちんと観察していかなきゃですね。
Comments (2) Trackbacks (-) | いちご

ちゃむといちごの関係

いちごちゃん、うちに来てちょうど一か月が経ちました。

なんだかあっという間でした。

きっといちごちゃんだけ飼ってたらぎゅっと内容の濃い一か月だったんだろうけど、
ちゃむといちご、二人のお世話(特にちゃむの心のケア)に追われているうちに、いつの間にか貴重な一か月があっという間に過ぎ去ってしまってました

ブログを始めようかどうしようか、と悩んでいる期間が結構あったので、いちごちゃんの一番小さい頃の写真が少ないことに気付き「orz」って感じ。
ちゃむも小さい時の写真があんまりないから、ブログ始めたらそういう写真を無意識に撮るんじゃないか、と期待してたけど、流れに乗るまでに1か月経ってたわw



あ、さてさて。ちゃむといちごの関係について、です。


いちごが初めてうちに来た日。
ちゃむは「なんだ?なんだ?」と少し興味を持ってました
初対面
サークルの奥にいるのがちゃむです。


おや?好感触かな♪


いちごがうちに慣れだす1週間ごろ、同じ空間でちゃむといちごをフリーにさせてみました。

いちごちゃん、パピーならではの謎の動き&持ち前のハイテンションでちゃむに向かって行く

ちゃむ、謎の生物を目の前にして、しっぽinで逃げ惑う

追い払ったかのように「どやさ!」顔ないちご、優位に立つ

・・・
あかんやーん

3歳8か月 vs 生後2か月
4.4キロ vs 690グラム

どう考えてもちゃむの方が優勢なのに~

ちゃむはいちごから逃げて逃げて逃げまくり。
一緒の写真なんて撮るどころじゃなく、一緒に私の視界に入ってくることもなく

これでも奇跡の瞬間
お揃い
いちごがおもちゃに夢中になってる間に、ソロリソロリと近づいて、そ~~~っとお尻を嗅ぐちゃむ(笑)
この後すぐに気付かれてマッハで逃げたちゃむw

これお揃いのお洋服♪
いちごちゃんにはまだ少しサイズ大きいんだけども。
お揃い
この差に萌える

あ、話逸れた。


ちゃむ、お気に入りのおやつを食べてる時に私が手を近づけると、牙むいて「うぅ~~」てうなるんですけど(これ以外では反抗的な態度は取らないので、初めてコレされた時心が折れた)
↑これに反して
いちごがちゃむのサークルに入っても、ちゃむが逃げ出るし
いちごがちゃむの遊んでたお気に入りのおもちゃを奪って我が物顔で遊び始めても、諦めるし
いちごがちゃむのお気に入りのおやつを奪おうとしても(いちごはまだ食べたらダメなので取り上げるけど)、ぽとっと落としてあきらめて逃げる…

決していちごに対して怒らないのです。

優しすぎるちゃむが憐れで
ちゃむの気持ちも考えずにいちごちゃんを迎えたことを後悔し、ひたすらちゃむに謝る日々。
(でもそうやってちゃむばかりフォローするのって、うちに来たばかりのいちごにとっては不安なのではないかと、悩んだり)


そして先日、ブリーダーさんのところにいちごを連れて行って→
考えが少し変わりました。

もしかして、いちごはちゃむと遊びたいだけなのでは?
ちゃむも遊びたいけど遊び方がわからないのでは?
現にちゃむはいちごに何されても一度もガウらない。
逃げてる時もしっぽが上がってることの方が多くなってきた。


そして昨日。
いちごが立ち上がってちゃむにパンチを繰り出し、ちゃむ逃げる…
考えがスタートに戻る…

ちゃむといちごに聞いてみたい、一体お互いをどう思っているのか、と。



多頭飼いでブログを書かれてる方の記事に「一週間で寄り添って寝た」とあったので、うちも期待したけどあかんかった。
きっとその方のわんちゃんは相性が良かったのですね
ちゃむといちごは「水と油」感が強いw


ブリーダーさんに、ちゃむといちごの関係の現状説明したら
「成犬はパピーが苦手なものですよ。うちのコも慣れるまで1年かかりました。」
って・・・1年・・・
そんなにかかるのか・・・いや、この際かかってもいい、いつか二人寄り添ってリラックスできる日が来ることを祈る!!(できれば早めにお願いしたい)



そんな多頭飼い1か月目。
こんなお写真撮れました~
多頭飼い一か月目の奇跡
ちゃむのご飯の時、いちごがちゃむのサークルに入ってなぜか一緒にご飯待ちの図。
あぁあぁ、一枚の写真に二人のお顔の正面が撮れるなんて~

実際は
多頭飼い1か月目の奇跡の真実
追いかけられて何度も何度も出たり入ったりを繰り返しておりました~



こんな二人の関係に良い変化がいつか見られますように。


いちごのおトイレ事情

パピーちゃんを迎えるにあたって、一番覚悟していたことは

トイレのしつけ


ちゃむの時とても大変だったので→
パピーちゃんのお迎え準備は「トイレの失敗ありき」


・ベッドは洗えるもの&安い物
  ブリーダーさんから寒さ対策にドーム型のベッドを用意するように言われたので
  条件をクリアするものを散々探しまくりました
いちごのベッド
  わかりにくいけど、コレ。(写真撮りなおすべき!?)
 

・トイレトレーは洗いやすく、トイレとわかりやすい物
  これに関してはちゃむの時に「コレいいな~」と思っていた物があったので即決
  いちごのトイレ
  クリアレットという商品
  通常のトレーに比べてとてもシンプルな作り
  且つ、デザインもよく、他のデザイン重視の物よりお安め。
  ネットもセットで付いてきたけど、ブリーダーさんの所ではシーツに何もかぶせてなかったからそのまま。


・汚れ対策にマット
  上の写真のトレーの下に敷いた白いマット。
  本来は繰り返し使えるエコなトイレシーツだそう。
  噛んでも掘っても破れにくく、洗えて、乾きやすい、という素晴らしさ。←実証済み





さて、いちごちゃんが我が家に来てどうだったかと言いますと。


しょっぱなから、トイレトレーでチーしましたワーイ

お~いちごちゃんすげ~
でもでも、ちゃむも初日は出来たんだよね、翌日からだよ本番は、うむうむ。

しかし、こちらの気負いにいい意味で裏切ってくれたいちごちゃん。

サークル内にいる間はトイレトレーでチーもうんPも上手にできます
トレーのおかげか、ブリーダーさんのとこで躾けられてたかわからないけど、完璧なのです。
ただ、おしっこの海を踏んでしまうので、白いマットは買っておいて良かった!

サークル内にいる間は…。そう、サークル内では、ね。


フリーにした途端、畳の上のマットでチーをかましてくれるようになりましたよ

例えトイレトレーでおしっこ大量にした後にフリーにしたとしても、マットの上でチー・・・
それマーキングですか?って感じのチーをね…

あら~お座り上手にしてるのね~って褒めたら、まさかのおしっこ体勢
何度となく、お座りだと思って褒めたらおしっこだった、ということがあったので、いちご的にはマットの上でおしっこしてたら褒められると思ってしまったかもしれない…
チーしたら黙って(時には怒って)いちごをサークルに戻すものの、ダメだと言うことを全く理解してもらえず。
一日に2度3度とマットを洗う羽目に陥る私

サインがね、無いのですよ、いちごさん。
普通おしっこしたいな~と思ったらワンコは床を嗅ぐもんなのに、全く嗅ぐことなく、急にお座りして、チーっすわ…
フリーにしてる時は本当に気が抜けなくて。
少しでもお座りの体勢とったら、「うおー」と叫んですかさず手をいちごのまたの下にすべらせて確認の日々。

1週間ほど続いたでしょうか。
そうこうしてるうちに、いちご生後2か月になりまして。
2か月から食べられるおやつの出番です!
どんだけケチんねん、というくらい小さく小さくハサミでカットしたおやつの出動じゃー!

フリーにしていて、そろそろおしっこ出るんじゃないか、というタイミングでいちごをサークルに入れる。

チーする時と、せずに出てくる時があるけど、した時だけおやつ。

フリーにしていて、そろそろか、という時におやつを見せて自主的にサークル内のトイレに入るよう誘導

チーする。

おやつと力いっぱいの褒め言葉

これを数回繰り返したら、いちごちゃん完璧に覚えてくれました


頭ええの~いちごちゃん

今のところ、トイレトレーを掃除したことも、ドーム型ベッドを洗濯したこともありません


あとは「チーしてきて」って言ったらしてくれるようになれば最高。
まぁ、それはぼちぼち。


お迎え準備が杞憂に終わってよかった
でもまだ気は抜かないようにしなきゃですね。


Comments (1) Trackbacks (-) | いちご

いちご 里帰り

昨日は久々に天気が良かったので、ちゃむと1時間散歩

ワクチンが全て済んでないいちごはまだお散歩できないから、ちょっと久々の里帰り♪
ブリーダーさんのとこに連れて行きました。
(ちゃむはお留守番)


ブリーダーさんのとこにはプードル・ダックス・チワワ総勢10匹ほどいてて、いちごの両親もモチロンいます。
その中には、いちごの兄弟犬の「エス君」(小さくておっとりさん)もいてるので、いちごにとってパラダイス。

ブリーダーさんも「いちごちゃん、久しぶりーよく来たね~」と迎え入れてくれるので私も嬉しい♪

ちょっと遊んでもらえますか?といちごをキャリーバッグから出した途端、いつもの

うおーーー

ぐおーーーー

どりゃーーーーー

とハイテンションで大暴れ。

ブリーダーさんもショップスタッフさんも皆さんビックリ&苦笑い。
ブリーダーさんですら引き気味になるほどのいちごちゃん・・・

うちでもハイテンションだけど、
・パピーだから
もうよく覚えてないけど、ちゃむもきっとこうだったんだろう
という理由をつけて気付かないふりをし続けたけど、、、
やっぱり、いちごちゃんはかなりのお転婆さんだったー


たくさんの先輩犬とわちゃわちゃしたり、エス君とプロレスしたり、一人でずーっと走り回ってたり、とても楽しく過ごさせていただきました。

なのに写真一枚も撮ってない。
あー撮ってくれば良かったなー


その時の写真がないので、いちごのハイテンションぶりのわかる写真をば。
いちご 残像
いちご 残像2
いちごの写真撮ると、大体このような残像のみとなります…
後ろでちゃむが避難しております。が、この後、いちごに襲われます(笑)


Comments (1) Trackbacks (-) | いちご